トップ

五侍周辺雑記。シェキヤバディエンソー。
by eszo
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
小悪魔仔鹿の奈良ナイト・その2
f0097329_2147017.jpg

>小悪魔仔鹿の奈良ナイト・その2

前回奈良入りしたのは、2004年の号泣ツアーという事に…公式ではなっているのですが、実は翌2005年1月にも、彼らはグラシアスの社員旅行で訪れていたそうです(2泊3日)!空き時間を使い、各自楽しそうに観光していた様子はアトラス通信やゴスモバにも出ていましたが、相当奈良を気に入ったんですね。

北「ちなみに僕ら、社員じゃないんですけどね」

安「ま、便乗して」

村「福利厚生に乗っかってみました」

その時ぽんには、鹿にまつわるすごい思い出があるらしく。

黒「奈良公園でね、鹿せんべいを買ったんです。やっぱりあげたいな~と思って。そしたら鹿がバーッと寄ってくる訳ですよ」

昨日(和歌山)のキリン化と同じく、鹿に扮したヤスがぽんに近寄ります。

黒「1匹来たら、もう何匹もワーッと集まっちゃって…」

他メムバーも次々にシカ化して群がり、ぽんはせんべいをあげる仕草を。

黒「それに『食べな♪』『食べな♪』ってやってたら…僕その時、ムートンのコート着てたんですね。そしたらなんか背中のあたりでバッツン、バッツン、って音がするんです。見たら、鹿がムートンのコート食おうとしてたんですよ」

客席爆笑。

黒「ムートンに歯形がバッチリついちゃった。『いや、せんべいじゃないから』って、非常に冷静に『(キレ気味の低音で)やめてよ』って言っちゃいました」

安「ヤツら、案外凶暴だからねー」

黒「食っちまうぞこのヤロー!」←オシャレ隊長、怒りの叫び。

酒「俺も頭突きされたことありますよ」

安「鹿にですか?」

酒「(超笑顔で)鹿に意地悪をしたんです」

と、前回号泣で披露した話をもう一度。

酒「僕は鹿せんべいを買わずに、友達のをもらって『この1枚でどれくらい長く鹿と遊べるか』という…金魚すくいみたいな感覚ですね。これなくなったら『(テキ屋のおっちゃん口調で)ハイおしま~い』。で、フーッときて、こうやると」

鹿せんべいを持つ手を近付けては、ヒュッ☆と離す動作を繰り返します。

安「くれそうでくれないというね」

酒「そそそ、なんかお高くとまった人みたいに。そしたら、業を煮やした鹿にドーーン☆と。アァッ!」

派手に尻餅をつくサケ。

酒「ついた手のここんところに!ここんところに!!」

痛恨の表情で手のひらを指差します。

安「鹿といえば、黒豆ですからね」

……非常に分かりやすいオチですな。

酒「結構突進系。イノシシの専売特許じゃないよ猪突猛進は。鹿突猛進だ!」

テツは薬師寺に行ったらしいです。

村「古いの(東塔)と新しいの(西塔)、二つの塔があるのよ。高田さんて有名な和尚さん(名物管長の高田好胤氏ですね。復興事業の中心人物)が色々やって、すっごい額の建替え費用を集めたの。今は真っ茶色で古い建物だけど、元はこんなにピカピカだったんだ…という対比になってて。ジーンときたなぁ」

テツはタクシーの運転手さんから、池越しにその塔を狙う絶好の撮影スポットを教えてもらったそうです。

村「わざわざ車停めてくれたんだけど、『イヤ、カメラ持ってないんスけど』って(苦笑)」


(Text by 生姜)

[PR]
by eszo | 2005-03-05 21:36 | ゴスペラーズ
<< 小悪魔仔鹿の奈良ナイト・その3 サガミオーノ! >>