トップ

五侍周辺雑記。シェキヤバディエンソー。
by eszo
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
妖しく光って回るのさ
うをおおぉぉぉおおおひさしぶりにしてこんばんは!S☆子です!←とゆうふうに、名前の間に☆を入れると、俄然ソウルパワーが脇腹あたりにたまってくるような気がするんですがどうですか。


例えば、

 酒井☆雄二

な?

 酒井♪雄二

これだと楽しげ。

 酒井…雄二

これは自信なさげ。

 酒井?雄二

自分を見失った感じ。

 酒井&雄二

分裂。


そんなわけで、やっぱり「☆」が最もソウルフルな記号であることが判明いたしましたのでご報告申し上げます。イエーイ。まあ要するに、何の事かと言いますと!ハイッ!(ピシャリ!)今年もいよいよ!

SOUL POWER SUMMIT 2007

が!開幕するということでございました!!イエイ!

私も瀬戸内方面から、なぜか東京サミット両日に参加することになっておりますので、今年こそ悲願のミラーボール(※参照)を、武道館で目撃したいものであるなあと思います。

或いは、例のタマネギが、ライブ中こっそりミラーボールとすり替わる演出ならば(それは何のために)目撃不可能ですが、そんなときはダンス☆マンさんがミラーボールとすり替わる演出で、ステージ上空で回ってくれると信じています。

無論、アフロは光を反射しない性質なので、ちょっと大変かもしれませんが、まあ、ゴジラがいればメカ・ゴジラがいるように、ダンス☆マンがいればメカ・ダンス☆マンがいるとかして、そんなメカ・ダンス☆マンさんのアフロは、プラチナ加工鏡面仕上げという設定なので(今決めた)まったく問題ありません(結構山積)。

もし、万が一メカ・ダンス☆マンが来てくれない場合、ダンス☆マンさんが何らかの科学的な手術によって、メカ・ダンス☆マンに生まれ変わるストーリーだったと思います。たしか。うわあん、ありがとうダンス☆マン!ソウルのためにすみません。

まあ、手術といっても、せいぜいラブマシンさん程度の簡単な加工(←無礼)で済むと思うので大丈夫ですよ!たぶん!わあ楽しみー。

じゃあやっぱり、せっかくなので、ついでに(←非礼)ラブマシンさんにも来てほしいです。そして今度こそ、

ラブマシンさんが飛んでるところが見たい。

以前武道館G10でお見かけしたときは、私ったら何故か気絶していたらしく、ラブマシンさんが飛んだり黒沢薫さんのお口の中に入ったりしてたことを憶えてないんです…
後日DVDで観てエライことビックリしました。んまー。

なので、ラブマシンさんは、やっぱり来て、そして、飛べ。


楽しみ!楽しみ!


あとあれだ、武田哲也は『母に捧げるバラード』30分くらいやるバージョンとかは、あんまりやってほしくないです。

つか、せっかくなので『新大阪』のナニワEXPバージョン薫子付きとか聴きたいです。
G10ではドラマティックスの『I CAN'T GET OVER YOU』をサンプリンングしたバージョンで聴かせていただきましたが、ああいうのがいいです。ていうか、むしろあれがいい。あれカッコよかったーカッコよかったー。

それから、えーと。


と言いますか、この期に及んで何のご意見ご要望ですか(ハタ)。


イヤでもせっかくなんで。あ、でももう明日だし。つか明日になったら明日が今日か。えー。時間切れや!お前なんかなあ、もう時間切れや!!きゃー!(大騒)


まあそんなわけで、明日武道館で。


でわわ。
[PR]
by eszo | 2007-07-29 21:18 | ゴスペラーズ
<< SPTS2007ネタバレ記事へ... webアンコールにwebブラボー >>