トップ

五侍周辺雑記。シェキヤバディエンソー。
by eszo
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ:ゴスペラーズ( 94 )
小悪魔仔鹿の奈良ナイト・その2
f0097329_2147017.jpg

>小悪魔仔鹿の奈良ナイト・その2

前回奈良入りしたのは、2004年の号泣ツアーという事に…公式ではなっているのですが、実は翌2005年1月にも、彼らはグラシアスの社員旅行で訪れていたそうです(2泊3日)!空き時間を使い、各自楽しそうに観光していた様子はアトラス通信やゴスモバにも出ていましたが、相当奈良を気に入ったんですね。

北「ちなみに僕ら、社員じゃないんですけどね」

安「ま、便乗して」

村「福利厚生に乗っかってみました」

その時ぽんには、鹿にまつわるすごい思い出があるらしく。

黒「奈良公園でね、鹿せんべいを買ったんです。やっぱりあげたいな~と思って。そしたら鹿がバーッと寄ってくる訳ですよ」

昨日(和歌山)のキリン化と同じく、鹿に扮したヤスがぽんに近寄ります。

黒「1匹来たら、もう何匹もワーッと集まっちゃって…」

他メムバーも次々にシカ化して群がり、ぽんはせんべいをあげる仕草を。

黒「それに『食べな♪』『食べな♪』ってやってたら…僕その時、ムートンのコート着てたんですね。そしたらなんか背中のあたりでバッツン、バッツン、って音がするんです。見たら、鹿がムートンのコート食おうとしてたんですよ」

客席爆笑。

黒「ムートンに歯形がバッチリついちゃった。『いや、せんべいじゃないから』って、非常に冷静に『(キレ気味の低音で)やめてよ』って言っちゃいました」

安「ヤツら、案外凶暴だからねー」

黒「食っちまうぞこのヤロー!」←オシャレ隊長、怒りの叫び。

酒「俺も頭突きされたことありますよ」

安「鹿にですか?」

酒「(超笑顔で)鹿に意地悪をしたんです」

と、前回号泣で披露した話をもう一度。

酒「僕は鹿せんべいを買わずに、友達のをもらって『この1枚でどれくらい長く鹿と遊べるか』という…金魚すくいみたいな感覚ですね。これなくなったら『(テキ屋のおっちゃん口調で)ハイおしま~い』。で、フーッときて、こうやると」

鹿せんべいを持つ手を近付けては、ヒュッ☆と離す動作を繰り返します。

安「くれそうでくれないというね」

酒「そそそ、なんかお高くとまった人みたいに。そしたら、業を煮やした鹿にドーーン☆と。アァッ!」

派手に尻餅をつくサケ。

酒「ついた手のここんところに!ここんところに!!」

痛恨の表情で手のひらを指差します。

安「鹿といえば、黒豆ですからね」

……非常に分かりやすいオチですな。

酒「結構突進系。イノシシの専売特許じゃないよ猪突猛進は。鹿突猛進だ!」

テツは薬師寺に行ったらしいです。

村「古いの(東塔)と新しいの(西塔)、二つの塔があるのよ。高田さんて有名な和尚さん(名物管長の高田好胤氏ですね。復興事業の中心人物)が色々やって、すっごい額の建替え費用を集めたの。今は真っ茶色で古い建物だけど、元はこんなにピカピカだったんだ…という対比になってて。ジーンときたなぁ」

テツはタクシーの運転手さんから、池越しにその塔を狙う絶好の撮影スポットを教えてもらったそうです。

村「わざわざ車停めてくれたんだけど、『イヤ、カメラ持ってないんスけど』って(苦笑)」


(Text by 生姜)

[PR]
by eszo | 2005-03-05 21:36 | ゴスペラーズ
サガミオーノ!
セルゲイ@相模大野レポ その1
セルゲイ@相模大野レポ その2 3/5up!
セルゲイ@相模大野レポ その3 3/7up!
[PR]
by eszo | 2005-03-04 01:45 | ゴスペラーズ
小悪魔仔鹿の奈良ナイト・その1
f0097329_1446256.jpg

>小悪魔仔鹿の奈良ナイト・その1

一夜明けると早くも奈良セルゲイです!(当然)
昨日不参加のぽんマニに、いかに彼が破壊力抜群だったかを力説しているうちに、JR大和路快速は颯爽と奈良駅に到着しました。

f0097329_14391044.jpg

画像1


f0097329_14532421.jpg

画像2


以前から陽一のウル黒目+華奢体型=バンビ説を唱えている我々。奈良公園に集う無数の鹿の中からより彼のイメージに近い子を探したり(画像1)、号泣でヤスも乗った人力車のしつこい客引きにキレながら、東大寺の大仏を見たりして(画像2)ライヴまでの時間を過ごしました。

連日参戦のメリットは、まだ記憶が新しいうちに仲間内でツボ情報の交換&復習ができる事です。「昨日のアレをもう一度!」「今日こそアレを見逃すまい…」など各自闘志を燃やしながら席につくと、ほとんど定刻どおりに照明が落ちました。

軽快なテムポながらアツすぎない「Let it go」は、オープニングにふさわしいナンバー。何がおかしいのか、歌い出す前からテツは笑っています。
ライヴのたびに(客が気を遣ってどうする、と思いつつ)毎回最初に村酒の機嫌をチェックするのが恒例の私。今日は大丈夫かも…と安心した視界の隅で、妙な動きがありました。
この曲のAメロ部分は身体を開き気味にし、横方向に揺れながらリズムに乗るのですが、その時のぽん!←やっぱりか。
ステージ上段の端っこで怖々踊る姿は、まるで不安定なお碗の舟で足を踏ん張り、一生懸命「どんぶらこ、どんぶらこ…」と箸の櫂をこぐ一寸法師のようです!(これでもほめ言葉)
対照的な笑顔を見せるテツに張り合うつもりか、普段より6割増しでオーバーアクションのサケ。そして北安は軽快なダンスを展開します←とくに繰り返しの「We can let it grow~♪」では、全く同じタイミングの見事なシンクロターン!
…あぁ、今日もいいライヴになりそうです(嬉)。

なら100年会館の客席は4階まであり、ステージ対岸の2階部分には、両サイドから張り出す三角形が重なり合って出来た、ちょっとした空間があります。

村「(指さして)あそこすごいよな~」

安「誰か出てきて歌いそうですもんね」

村「(マイクを両手で持ち、裏声で)スミレのは~な、咲~くぅ、ころぉ~♪」

この「なりきり宝塚」が気に入ったテツ、MCの途中でそのスペースを指差し「あッ、黒木さんだ!」と叫ぶこと2回。さすがに3回目はシラ~ッとした空気が流れます。

村「…分かってるよ俺だろ」

安「イヤ、まだ誰も言ってませんから大丈夫です」

村「だってよぉ、こういうのは3回やんないと……すいませんでした(一礼)」

仕切り直しを兼ねて、4階~1階まで順に「イェ~~イ!」の声出しを。ここで最もパワフルだったのは4階席!距離があるため若干の時差は生じますが、声がまっすぐ飛んできます。これにはメムバーも大喜びで、自然と他階客席の温度も上がりました。

テツは相当気分が良いのか、「Street Corner Symphony」ラストを(激溜め)……、すんふぉぬ~~~~♪と青森南部弁ver.で披露←あくまでも本格発音のつもりでしょうが、腐ったこちらの耳にはそう聞こえました。

我々のネタチェックは続きます。
今日の「Something in my soul」ヤスご開帳は抑え気味。少々物足りなさを感じながら「Get me on」を経て、いよいよ「パスワード」へ!
軽いジャブ(ぽん的キメポーズの数々)に翻弄されながら、今か今かと『その時』を待ちます。

「今すぐLady~燃える瞳でぇええ~♪」

北―――――( ∀ )―――――ッ!

ぽんの腰が落ち、あぁ膝が、膝が……!(秒殺)

この時、我々の少なくとも周囲3列四方から、さざ波のようにどよめき&失笑が沸き起こりました(おそらく皆の気持ちは同じ)。それをどう受け止めたのか、「わなわなレース」に新たな挑戦者が現れました。
ぽんの斜め後ろにいた陽一が、ものすごい速度でわなわなし始めたのです!!

そのスピードたるや、中空でホバリングしているヘリの主翼のよう。(超高速すぎて、同行者には陽一の足がステージから浮かんで見えたそうです)。

周回遅れのスタートも何のその、瞬時にぽんを抜き去った怪物、北山陽一。彼を倒す猛者がいつ出てくるのか…またひとつセルゲイ観戦に楽しみが増えました←違うから。


(Text by 生姜)



[PR]
by eszo | 2005-02-20 14:26 | ゴスペラーズ
回してくれた人から貰った【指定】を【】の中に入れて答えるバトン@生姜館
f0097329_20483691.jpg

>バトンですよ!@生姜館


皆様、激しくご無沙汰しておりましたーーッ(超平謝り)。


まぁ、こんな僻地の二世帯住宅を気にする方などいらっしゃらないでしょうが、それでも前回「セルゲイ酒井のキタヤマ化」という、マニア以外には全くどうでもいいシーンで満足→ライブ途中で筆を止める暴挙は、十二分に反省すべきです。

そしてS子師匠、家賃を長期滞納してすみませんでした(土下座)!!


ところで、何故今さらキノコが生えそうなこの扉が開いたのかと申しますと…先日S子師匠より、



回してくれた人から貰った【指定】を【】の中に入れて答えるバトン


というものを頂戴したからです。実は人生初バトン!きゃっ♪
張り切ってお答えせねば、と気合いを注入しつつ見直すと…ご指定内容が、なんと【 酒 井 雄 二 】でした。

ぬおぉ、最大の難関ッ!!

ヤツに関しては色々思うところがあって(主に不満)、それを文字にすると間違いなく源氏物語級の巻き物になってしまうのですが、何とか頑張ってみました↓



①最近思う【酒井雄二】

結局のところ、あの新髪型は誰の発案だったのか、そろそろ教えてほしい(そしてメンバー各人の反応も)。


②こんな【酒井雄二】には感動

・ライブ後半、電池が切れてからの自虐的な暴れっぷり。やはり彼はMだと認めざるを得ない。

・2005長期オフ明けリハビリツアー(勝手に命名)@米子での「シアトリカル」超高速舞台横断。おそらく立ち位置を間違え、一刻も早く移動したかったのだと思うが、人間の歩幅があそこまで広がることに、同行者全員度肝を抜かれた。

・2006世界初演@苗場での「一筋の軌跡」歌い出し寸前。サカイストとしてあの横顔は、非常に、非常に、誇らしかった。



③直感的な【酒井雄二】

ゴーカート。
これに尽きる。



④好きな【酒井雄二】

・「あたらしい世界」今も 今も 僕は輝いてるかい の“ぼくはか”部分。まるで短気な関西人が釣り銭を催促するかのように、マイクと逆の手のひらを上に向けたまま、一音ずつのタイミングで20センチほど鋭く打ち下ろす。毎回する訳ではないが、あの動きには魂が込められていると思う。

・猫背

・親指爪

・肩甲骨

・そしてやっぱり、睫毛影。



⑤こんな【酒井雄二】は嫌だ

〔表回答〕
・やたら理想が高い。

・どうでもいい場合とこだわる(笑って流せない)場合の差が激しすぎる。

要するに頑固な子供である彼に、今まで何度「ここへ座りなさいッ!」と正座説教したくなったか分からない。

〔裏回答:もしもシリーズ〕
・合コン番長

・金髪縦ロール

・ボディービルダー



⑥この世に【酒井雄二】がなかったら。。。

天地がひっくり返っても、腕毛ファサ~の男性など我がストライク・ゾーンには迎え入れていない(キッパリ)。


⑦次に回す4人(【指定】つきで)

・S子師匠→【森上英樹】

・村上てつやさん→【連絡船】

・黒沢薫さん→【バタフライ】

・北山陽一さん→【イカソーメン】

※ネット上で(実生活でも?)あまり友達がいないので、師匠にリバースする荒技をお許し下さいm(_ _)m


↑あー、やっと答え終わりましたー!!
果たしてちゃんと語り尽くせたのか不安が残りますが、今はこれが精一杯。どうかお納め下さいませ~


(Text by 生姜)

[PR]
by eszo | 2003-11-09 18:12 | ゴスペラーズ