トップ

五侍周辺雑記。シェキヤバディエンソー。
by eszo
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ:ゴスペラーズ( 94 )
休日ウォーカー
前回までのあらすじ

 「ていうか『カルダモン』だし」



で、行ってきました(笑)。

f0097329_2352493.jpg

徳島市役所南、『スパイスれすとらん カルダモン』~。

というわけで、ここはやはり黒沢薫さんに敬意を表しまして、コチラ↑「カシミールカリ」をオーダー。

あと、「タイカリー」、「野菜キーマカリー」など、数種類のカリーメニューがございまして、全てサラダとピクルス、デザートとチャイが付きます。

こういうのと↓

f0097329_1304173.jpg

こういうのが↓

f0097329_131454.jpg


この充実の内容で、お値段全品850円!ちょっとTVショッピング的言い回し!でもホント、こだわりととっつきやすさのバランスが絶妙と思われ。そこらへんもまた、開店1年足らずで人気店として定着した理由のひとつなんでしょうな。

そんなわけで、例の部員の皆様も徳島にお越しの際には是非!
なんせ、お味の方は、

会長のお墨付き!!

ですんで!≧∀≦



ところで、よくよく考えたら、家と職場以外のどこかに行ったのって、セルゲイ四国シリーズ最終日の高知以来初めてだったというこの事実… orz

実際こんなことでもなければ、またしても寝休日だったと思います。
う~ん、やっぱたまのお休みくらいプラプラしないとネ!黒沢薫さん、なんとなくありがとう! or2"

でもホントはプラプラしてるヒマがあったら、ライブレポ書かないとネ!

 orz

o...rz



では!(泣逃)
[PR]
by eszo | 2007-03-08 23:25 | ゴスペラーズ
感謝と
セルゲイ四国シリーズ終了から、すでに幾夜となく過ぎたわけですが。


現実に戻ってこれません!というようなことは全然なくて、仕事はいよいよ繁忙期の真っ只中で、日々粛々と現実を積み重ねております。

こう見えて、ライブは一夜の夢なのよ、という浪漫思考な私にしてはちょっと意外な感じなんですが、要するに、セルゲイ四国シリーズは決して夢ではなく、とても充実した現実の時間だったということなのだなあとシミジミ思います。


人口6万。


うち20%が65才以上の高齢者。
鉄道は未電化のJRが1時間に1本。娯楽なし。

ビンボーで過疎ってて本気のリアルイナカでも、あの夜、本当に素晴らしい、大都市近辺でのライブと何ら遜色ない、むしろそれ以上のライブを作り上げることができたと思っています。

そのことが、この街の人間として本当に誇らしく、そして、嬉しく思います。


ゴスペラーズの皆さん、またこの街に来てくれて、本当にありがとうございました。


前回のツアーで、皆さんが初めてここに来て、歌ってくれたときから、私は、この街のことを、それまでより少し好きになりました。

今回のセルゲイでも、やっぱり、もっと、この街を好きになっていました。


だから、どうかまた来てください。


来年じゃなくてもいい。また3年後、5年後でも、たとえ私がこの街からいなくなっていたとしても。


どうかまた来てください。


本当に楽しかったです。

本当に本当に、ありがとうございました。



 と、



今ちょっとゴスモバを覗いてたんですが、「カレー部通信」徳島編がupされてるじゃありませんか!

これは…徳島市内の「カルダモン」ですね(笑)。う~ん、さすが会長。

鳴門のMCでも、「あなどれない!あなどれないぜ徳島!」と叫んでいらっしゃいましたが、ホント徳島は美味しいカレーが食べられるお店が、実は意外とあったりするんで(それはほんとうだ)、またライブに限らず、部活動の方でも是非お立ち寄りくださいましたら県民一同たぶん大喜び。

つか、明日のお昼決定(笑)。

といったところでまたー。
[PR]
by eszo | 2007-03-07 02:40 | ゴスペラーズ
この街

ハロー皆様。こちらトクシマ。


セルゲイ鳴門をいよいよ明日に控え、徳島の空は3年前のツアー号泣当日と同じく雨模様となっております。

天候は徐々に回復するとの予報ですが、たとえ天気が回復せずとも明日はハレの日。3年振り2度目の特別な1日であることに何ら変わりございません。

すでに何度となくセルゲイという大祭に参加いたしましたが、このお祭りに、この街の、自分たちのみこしの担ぎ手として参加できるのは、6月までつづく、この長い長いお祭りのうちの、この、たった1日だけです。

この興奮。

残念ながら仕事を休むわけにはいかなかったので、少し遅れるかもしれませんが、必ず駆けつけて、三番手でも四番手でもみこしの担ぎ手の中に入り、大いに盛り上がりたいと思います。

そして、私がこの街に生まれ、生きてきたことを、どれほど誇らしく思っているか、声援と拍手の連打でもって彼らにも伝えたい。


ようこそ皆様。この街徳島へ。


楽しいライブにしましょう。
それでは、明日。
[PR]
by eszo | 2007-02-18 02:21 | ゴスペラーズ
セルゲイ鳴門直前SP・徳島楽しみ隊
今年も無事(でもなく)バレンタイン仕事が終わり、帰宅して20時間くらいぶっとおしで寝てましたS子です。どもす。おかげで再睡眠のタイミングを逃してしまいました…(困)明日も仕事なのに…(困困)ていうか、明日セルゲイ香川なのに…(ていうか今日)

とりあえず前記事で、るみちゃんちが休業中ということでオススメした谷川米穀店の情報を追加しておきます。

じつは最寄のICは徳島県の美馬IC。ここから県境を越えてすぐ、こんな感じに見えてきます。

f0097329_475324.jpg

画面右の、行列の先に見える小さな屋根が谷川米穀店。
11時開店ですが、この写真を撮った11時すぎには、この距離からでしかお店が確認できないくらいの行列でした。

f0097329_4115154.jpg

こちらが問題のうどん。大(2玉)に名物の青唐辛子の佃煮を添えてみたりしたんですが、はっきり言って、この画像のは佃煮入れすぎです(超辛)。辛いのお好きな方はホント大好きだと思うんですが(めちゃウマー)、辛いのが苦手な方は量だけはくれぐれもご注意ください。
それから、玉は小さめなので、卵を入れて釜玉風に食べたいときは、是非「大」でチャレンジしてください。「小」だと卵に熱が入る前に冷めてしまうので。
冬場はとくに冷めやすいので、こちらも要注意す!


と、美味しいおうどん屋さんをご紹介いたしましたところで、やはり、徳島鳴門と言えば渦潮なわけですが…この時期の渦潮観光は、はっきり申しまして大変過酷ではなかろうかと思いますです。
いくら暖冬とは言え、真冬の鳴門海峡をなめちゃいけねえ。

ただ、セルゲイ鳴門当日18日の見頃は干潮時刻12時50分の前後1~2時間と、ライヴがてら観潮の絶好のタイミング。しかも、よりによって大潮ときたもんだ。うはー。


う~ん、あとはもう天候次第!天下の名勝、この際いっとく?(ΦωΦ)
[PR]
by eszo | 2007-02-16 03:31 | ゴスペラーズ
バレンタイン大作戦
ハイッ!というわけで、いよいよバレンタインデーが目前に迫ってまいりました!ネ!イエス!それ即ち、

いよいよセルゲイ四国シリーズが開幕するということに他ならないわけですよ!そうでした!ぎゃー!!(騒)

うわ~ん、どどどどうしましょう(右往左往)。

だって、今年に入ってからセルゲイノロチョコの記憶しかないのに、もう旦那方が四国に上陸されるんですよ!ひー!(ブチ)うっ!(バタ)はっ!(不死身)のんきに死にかけながらチョコ作ってる場合じゃねえ!なので皆さん、今年からバレンタインデーのプレゼントは、チョコじゃなくてもいいってことにしませんか?(直訴)そしたらS子、もう仕事しなくていいんだ♪やったあ(失業)。

とりあえず、チョコレートは主に炭水化物でできているわけですが、それはもちろん、この世に炭水化物と油でできているものが、チョコレートだけであるということではございませんわけで。

今日は皆さんに、えす蔵がレコメンする素敵な炭水化物たちをご紹介したいと思います。

まずは、こんな炭水化物から…

f0097329_751644.jpg

ヤマザキの「カレーうどんドーナツ」。
しかも「讃岐うどん」使用であることを高らかに謳った、炭水化物×炭水化物の局地的話題作。
実際、中四国エリア以外に出回っている気配がないので、セルゲイ四国シリーズで四国方面にお越しの際は、是非スーパー・コンビニ等チェック推奨です。

f0097329_3111366.jpg

続きまして、サークルKサンクスの「かきあげうどんおむすび」。
何がすごいって、コレの「かきあげうどん」の定義ですね。
なんと、うどん自体がかき揚がっておりますのです。要するに、小柱のかきあげの如く、うどんの細切れが天ぷらにされたものが、おむすびにのっけられておりますのです!(どっぎゃーん)
素晴らしい。
まったく新しい発想の炭水化物です。これを開発した方は、酒井雄二さんクラスの炭水化物イーターとお見受けいたしました。じつはひょっとして、あなたは酒井雄二さんですか?

f0097329_459235.jpg

そして、銀座ラ・ベットラ落合務シェフ監修によるセレブ感あふれる一品、第一パン「リゾットドーナツ」。
しかもセレブなだけでなく、1個食べればその日1日何も食べなくていいくらいの腹持ちの良さ。ただ、残念ながら昨年秋以降店頭で見かけません。さすが予約の取れない料理店。
ちなみにリゾットはポモドーロでした。


そんなわけで、愛の炭水化物3品をお送りいたしましたが、皆様いかがでしたでしょうか?


これらの炭水化物と、今年のバレンタインプレゼントの大本命、「アフロメット」をプレゼントすれば、彼のハートは概ねオダブツ!じゃなくてイチコロ!うほっ。

少なくとも、酒井雄二さんのハートのジャンル違いの一部分くらいなら射抜けるかもしれません。ジャンル違いだっていい。君の心に僕だけが開けるドアひとつだけでいい。ていうか、もうその妄想だけで幸せ(ノイローゼ)。

まあ、今日のところは普通に仕事してきます(泣笑)。では~。


あ!そうそう、大事なことを忘れてました。

るみばあちゃんで有名な池上製麺所只今休業中です(5月頃まで)。

セルゲイ四国シリーズ遠征の際、うどん部活動をお考えの皆様は、どうぞご注意くださいませ。

替わりと言ってはなんですが、せっかく四国までいらしたからには谷川米穀店へ行かれてはいかがでしょうか。高松市内からかなり遠いですが、その上かなり並びますが、今、うどん部として最も注目すべき名店であります。ぬうん。
[PR]
by eszo | 2007-02-09 02:51 | ゴスペラーズ
シッポをたてろ!

ノロのノロイで腹に力が入りません。   ●rz


怒涛のようなアップダウンです(ひー)。助けてイヤーマン!MでもKでも。

と言いますか、せっかくセルゲイ京都にて、村上てつやさんから「イヤーマン、ネットで広めてください♪」との指令が下りましたのにこの体たらく。てっちゃん…俺、約束守れそうもないよ。バカヤロウ!妄想繰り広げてるヒマがあったらイヤーマン広めとけっつっただろが!うわああんすみませんすみません!だってノロ、つらかったの。つらかったの!マジで!てっちゃん!!(切取)

 (糊付)

というわけで、今さらなぜだかついにノロウィルスです(トホー)。


ホントつらいんで、ゴスペラーズの皆さんも、長いツアーの真っ最中であることですし、ホントにホントにお気をつけくださいませ(-人-)


とりあえず、ノロにやられて「狂詩曲」は死あるのみ。


ゴヨージン!ゴヨージン!


つか自分次週セルゲイ村上水軍…(つか京都レポ…)
[PR]
by eszo | 2007-01-16 21:09 | ゴスペラーズ
新年告白
おはようございます(昼)。


というか明けましておめでとうございます。なんだかものすごい勢いで寝正月です。
昨日の記憶があんまりありません。


紅白は結局、ゴスペラーズさんの『ふるさと』までに帰ってくることができず、アンジェラ・アキさんの『ふるさと』(違)には間に合いましたが、県下に轟く歴史的名演に心震わせた後事切れたらしく、気がつけば帰宅したままのファッションで、コタツで絶命しておりました。
しかも、仕事納め納め(?)に厨房の排水まわりをヤケクソのように掃除してきたので、なんとなくでなくドブっぽい臭いに包まれての新年でございました(いやーん)。

皆様、素敵なお正月を過ごされていらっしゃいますでしょうか。


そんなこんなで、先ほどようやくゴスペラーズさんの『ふるさと』を拝見いたしました。


ラインストーンもなく、グラサンオフもなく、ダンスすらなく(普通ない)、島健さんのピアノとヴォーカルのセメントマッチは、他局の格闘技番組もかくやの迫力でございましたね。

個人的には年少組のコンビ攻撃がクリティカルヒットしたのと、酒井雄二さんの悶絶級の唱歌ボイスにとどめを刺します。
改めて何度でも、美声なのだなあ、と、うっとりデレデレです(照照)。美しいものが嫌いな人がいて?同感す!同感す少尉!(誰)ソウルもいいけど唱歌もね!というわけで、2006年最後の酒井雄二さんの雄姿を年始に刻みつつ、遠路はるばる、もしくはうっかり、当ブログにお運びくださいます全ての皆様のご多幸とご発展をお祈りいたしまして、新年のご挨拶とかえさせていただきます(?)。本年もどうぞよろしくです(-人-)


ところで、そんな酒井雄二さんは、角度によって(←あくまでも)葉加瀬○郎か笑○飯、はたまたリリー・フ○ンキーかとも称される、ゆらぎのグッドルッキンも魅力のひとつなのですが、このたびの紅白で、わたくし、生まれて初めて酒井雄二さんが


林○ペー師匠に見えました。  orz


や、師匠がいけないというわけではないんです!ただ、あまりにもパーマ威勢良すぎやしませんか?
すみませんホントすみません。でもやっぱ



チリチリなものはチリチリっす!  orz



リ-ゼントのペ様から、

チリ毛のペー様へ。



ペ様からっ!



ペー様へっ!




更なる飛躍です。飛躍と言ったら飛躍です。涙なんかじゃない。

そんな素敵な侍ジャンパー・酒井雄二さん、並びにゴスペラーズさんのご活躍を、本年も心の支えとしてボチボチ歩いてゆく所存ったら所存。
頼んます!
ハイ!
ご静聴ありがとうございました(唐突)。

といったところでまた~(唐突)。
[PR]
by eszo | 2007-01-02 14:14 | ゴスペラーズ
忙中閑話
きみは小宇宙をみたか。わたしはしょっちゅうです。
毎年そんなセイント聖夜、S子ですどうも。

さて今年の紅白、我らがゴスペラーズが『ふるさと』を歌う件につきまして二、三、四の五の。

たしかに、もっすごサプライズなわけですが、なんかだんだん、これってある意味国歌斉唱レベルのテンションの話だよなあと思えてきまして…

まあ、だからどうだという話でもないんですが、とりあえずラインストーンつけて歌う歌じゃないような気がします(それはそうだろう)。
ついでに言えば、グラサンもどうかと。

というわけで今年の紅白は、村上てつやさんの

グラサンオフ

に、ナニゲに期待ですよ。きょへー。


はー仕事仕事。今年もいよいよス。

でわわ。
[PR]
by eszo | 2006-12-22 05:10 | ゴスペラーズ
ヤングガーン!
でも一番好きな西部劇は『サボテンブラザーズ』です。何の話か。というか、このスキンもおひさしぶりな(2ヶ月ブリー)。
ビーアズワンスペサルハデハデスキンのあとなので、じつにジミジミですがいかがですかおかゆいところはございませんか。本人的には、どっかの自治体の広報誌みたいで結構気に入ってるんですが、とくにこだわりというほどでもないんで(ないんだ…)、まあまたテキトーにハデになったりジミになったりしながらやってきますんで、今後ともよろしくお付き合いくださっていただけましたらば幸いの10連コンボです。
いやはやホントに皆様、期間中は多数のアクセスありがとうございました!実際えす蔵始まって以来の祭りでした(苦笑)。



といったところで、ゴスペラーズのNEWアルバム『Be as One』が、

『Be as One』が!(連呼)

発売されましたので、例によって例のごとく、キャップ・データを更新いたします~。

なお、キャップ・データにつきましては、こちらとかこちらをご参照いただければ、なんとなくおわかりいただける仕組みになっておりますので、どうぞご自由にご覧くださいませです。

そんなわけで、皆様、


大波乱です。


前回、えす蔵公認キャップ予想屋「泥舟屋」(何その屋号)の予想は、表向きド本命の「村上=酒井」、自らはセコく「メンバー不在」の中穴勝負で一儲け(?)という見事な二枚舌予想でしたが、はたして発売日、CDショップ店頭で泥舟太郎(何そのa.k.a)の見たものとは!イエス!無限に広がる大宇宙!(違)

…勝った!(ニヤリ)

誰しも太郎(a.k.a)の勝利を確信した、次の瞬間でありました。

店員さんがバリベリと引っぺがす、裏ジャケ右下角の小さな万引き御用だカードの下、大地をめざす流星の如く直線一気に伸びてきた驚異の差し足シンプルワーズ!


ヤスオカユタカ!

ヤスオカユタカッ!!

ヤスオカユタカ~ッ!! (←脳内実況)



「…つっ…つま先…差しィ…」(絶命)



(蘇生)…や、たしかにこの展開も予想しました!もしかして万馬券きちゃったりして~なんてことも言ってます!(←コメ欄で)言いました!(←コメ欄とかで)言いましたが…すみません!やっぱ自分に嘘は吐けないッス!この勝負券、気持ちの上で、一銭も買ってませんでした!(そりゃひどい)
いくら予想が当たっても、買ってなければハズレ同然!いや待て!それはむしろフツーにハズレだ!!うわ~ん、審議~審議~(旗ハタ)。


※それでは只今のレースを振り返ってみましょう。(←誰)


今回も予想通り裏ジャケ勝負となったわけですが、ハイここです!ここで!

f0097329_0122948.jpg


差してるんです。   orz


…えー、只今計測いたしましたところ…ミリ…です。靴先ミリ差している模様です。
しかも、3人掛けの右端とは言え、実は、裏ジャケ中央前列に配されたソファーに、優雅にお掛けになったままでのスーパーゴールでした。超ミラコー!ありえません。

だって!(半泣)キャップ・スナイパーていうのは、サッカー中継のときテレビ画面の外のスペースでシブい仕事をしてるディフェンダーがカメラの切り替えだか何かのミスで一瞬ドアップになっちゃうような、そんな、不意に降り注ぐスポットライトの物語なんじゃなかったんですか!?それともそれは宇宙電波によって捏造された人類の記憶だったの!?(壮大)どうなの!?おしえておじいさん!おしえて!アルムのモミモミよ!(泣喚)




(しばらくお待ちください)




失礼いたしました。

まあ、セオリーなんてものは当てにならないと相場は決まっておりますが、ホントにまったくそのとおりなんですね。こんなところでミョーに実感いたしました。
今後は深読みとつま先を当てにして生きてみようと思います。(←?)

というわけで、ゴスペラーズNEWアルバム『Be as One』栄光のキャップ・スナイパーとなりましたのは!満を持しての初登場となりました安岡優さんでした!!おめでとうございました~!



と、ここでふと思ったんですが、この靴、


中身(安岡優さん)は一体どこまで詰まってるんでしょうか。


つか、キャップ差してる部分は、確実に何も詰まってないと思いませんか?
そりゃいくら良心的な鯛焼き屋さんだって、ここまではアンコ入れないすから。もし、ここまでアンコ入ってなきゃヤダと仰る向きは、もう鯛焼き食べなくていいです、アンコ食べなさい、みたいな。

…なんか今のはよくわからん例えでした。えーと。

ということはやはりメンバー不在キャップ!?イヤしかし一応安岡優さん本体に付着してるものであるし…ううむ。


そして、そんなことをつらつら考えながらCDの整理をしておりますと、なんと、更なる試練が!

ひさしぶりに手にしました『D9』を、ぼんやり眺めておりましたところ…

酒井雄二さんの鮮やかなスナイパーっぷりと、今や懐かしのCCCDの説明文に隠れて、

黒沢薫さんのつま先が…こっそり差していたんです!!(ヒーッ!)

しかも!

…お腹まで!お腹まで差しているんです!!(キャーッ!)


全然気づいてませんでした… orz

おそらく今はCCCDじゃないので、この説明文はないと思うんですが、後発『D9』お持ちの方いかがですか?

と言いますか、そんなこんなで数字的なまとめは次回にします。もう何がなんだか。
S子、キャップスナイパーウォッチャー失格!精進するっす!押忍!



…このお腹…きっと詰まってるんだろうなあ。中身。 (タラコ)
[PR]
by eszo | 2006-12-02 00:08 | ゴスペラーズ
11月30日徳島新聞第一面
すみません。とりあえず一言叫ばせてください。




安芸さんは徳島の誇りじゃー!




f0097329_121671.jpg


あい、ありがとうございました。

えー。

というわけで遅ればせながら、アンジェラ・アキさん!紅白出場おめでとうございます!

まあ、ゴスまわりブログとしては、やはりゴスペラーズさんらの紅白出場についてこそカタルが道也、と思わなくもなかったのですが、6年連続6回目ともなりますと、もうラインストーンをつけるところはB地区くらいしか残されていない乳リッチな兄さんたちと、県人歌手としてはディック・ミネさん以来48年ぶりの出場という快挙を成し遂げたアンジー姐さんとでは、申し訳ございませんが頭方面への血の上り方が違いました。つか全県あげて血が上りました(たぶん)。

それもこれもアンジェラ・アキさんの、ことあるごとに故郷を語り、つい白熱し、なんか迸った挙句思わず声を詰まらせる怒涛の郷土愛が、我々徳島人に、徳島人としての誇りを思い出させてくれたからであります。うおんうおん(号泣)。

ちなみに、この件につきまして徳島新聞は、の第一報とコラムとインタビューの都合3回記事にしています(他にも親族の方の喜びの声も掲載されておりましたが)。
たしかに、なんだかんだ申しまして、地方で紅白はまだまだ大晦日のメインイベントではありますが、他の地方の紅白出場歌手の方も同程度の扱いなんでしょうかとふと疑問。

ともあれ、大晦日は何とか時間までに仕事を終わらせまして、家族一同茶の間に集結の後、アンちゃんの「HOME」に家族一同ボロ雑巾のように泣き崩れる予定ッス!や、曲はまだわかんないすけどね(笑)。でもここは絶対「HOME」でしょう!(泣く気マンマン)NHKさん、頼んます!

ついでにゴスペラーズさんは「Platinum Kiss」でもいいですが、ゴスペラッツさんの「ハリケーン」とのメドレーにしてください(超難)。村上てつやさんと酒井雄二さんは顔半分だけ黒くして、Platinumのときは塗ってない方を向けて歌うとかすれば大丈夫ですよ(たぶん)。頼んまーす。


…と、ここで終わるのも何なので、「カテゴリ=ゴスペラーズ」に相応しい内容をもうちょい。えーと。

アンジェラ・アキさんの飼い猫の名前  「ホク」


ハワイ語で「Star(星)」という意味なんだそうで…う~ん、なんかさすが(笑)。
[PR]
by eszo | 2006-12-01 12:16 | ゴスペラーズ