トップ

五侍周辺雑記。シェキヤバディエンソー。
by eszo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
<   2006年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧
サムライ キック!
というわけで、

太極拳はじめました(どーん)。

つか、数年前までやってたんですが、これだけ離れてるとほとんど初心者同然といいますか、ぶっちゃけ体が動きません(泣)。まあボチボチと…別に世界最強の座とかは狙ってないので、健康第一で頑張ってみようと思っておりますです。はい。

で、新しくカンフーシューズの購入を考えておりましたところ、こちらのシューズと運命的に出会ったのでした(訳:衝動買い)。

その名も、PUMA 「剣道」!(ずどーん)
f0097329_11354046.jpg
…って、競技違うし(笑)。

まあ名前が「剣道」といっても、剣道用のシューズというわけではないんですが(そりゃそうだ)、要するに、「総合的にマーシャルアーツの精神を和のテイストでもって表現してみました。テヘ♪」 ←みたいなところでしょうか(笑)。

ご覧のとおり、インソールには『仁 義 礼 智 信』のFIVE KEYS(笑)が並んでおりまして、とどめに、ちょっとわかりにくいかもですが、アウトソールには『侍』の一文字が!(爆笑)こっ、これぞまさしく、侍ソール!(きょーっ!)(←バカ)外人さんとS子が思いのほか大喜び(失笑)。
f0097329_1023710.jpg
そのくせ、実は意外とちゃんと武道向きだったりするからあなどれない…
個人的には、ソールの薄さとか足の甲に巻き付くようなフィット感とか、ちょっといかついトゥ・シューズみたいで(?)かなり気に入ってるのでした~。これから世界最強を目指す方もそうでない方も是非是非。

ところで、トゥ・シューズと言えば、一昔前のバレエ漫画では、ヒロインのトゥ・シューズにはお約束のように画鋲が入っていたものですが、最近画鋲って見かけなくないですか?つかバレエ漫画を見かけないんすけど。やっぱ画鋲ないとバレエ漫画は盛り上がらないということなんでしょうか…(そうゆう問題?)
しかしまあトゥ・シューズに画鋲入ってたら絶対わかると思うんですが(丸見えだし)。なんでアレ履いちゃうんでしょう(笑)。革靴ならまだしも。


「ああっ!エナメルの靴の中にガビョウがっ!」(←てつこヴォイス)

足を負傷しながらもてつこは見事舞台を務め上げ、プリマへの坂道をまた一歩登ったのであった。(第1部完)



みたいな(笑)。
第2部では「サングラスの裏側にガビョウが!」(←危)とか、「イヤーモニターがガビョウ!」(←そのもの?)とか、「トークボックスのホースの中にカビが!」(←不衛生)(別人だし)とか、きっとまたてつこを様々な困難が待ち受けているに違いありません。頑張れてつこ。負けるなてつこ。掴め魂のエトワール!すみません、私はなんでこんな妄想をしてるんでしょうか?(笑)

だいぶ煮えてきたところでまた~。
[PR]
by eszo | 2006-05-30 23:23 | ゴスペラーズ
キャップ・スナイパー リターンズ
さて、ついに発売となりました『一筋の軌跡/風をつかまえて』。皆様はもうお聴きに…いえ、ご覧になりましたか?(ニヤリ)

今回は、ジャケ写発表時から位置的にキャップ・スナイパーUZY(※参照)の8回目の登場に大いに期待が寄せられていたわけですが。いやー。まさかネ!(感嘆)このような結末が待ち受けておりましょうとは。
f0097329_13484842.jpg
逆サイでした(笑)。

裏ジャケで仕掛けてくるとはヤラレタ…つか、裏ジャケのあるシングルって『ひとり』以来じゃないですか?う~ん、なんてイマジネーションゆたかな攻撃!そんな村上選手にキャップ・ファンタジスタの称号をとりあえず捧げたい気分で一杯一杯です。おめでとうございました(?)。

といったところで、新しいアイテムが加わりましたので、キャップ・データを更新しておきます。
ちなみに、このデータは昨年G10DVD発売時に作成し、藤井君ちのBBSで発表したデータの改訂版となります。ご存知の方にはご了解いただきますとともに、初めてご覧になる方には、前からこんなバカやっとったんかーいと、ライトにツッコんでいただけましたら幸いです(笑)。


2006年版 ゴスペラーズ キャップ・データ

★以下のデータは2006年5月現在、インディーズ盤、アナログ盤、VHS、8cmCDを除いた、キャップを有する全31タイトルを対象に調査、集計しています。
対象タイトル中、キャップにジャケット写真が使用され、さらに、メンバーが写り込んでいるものは13タイトル。内訳は以下のとおり。


酒井雄二7タイトル
・シングル『告白』『ひとり』『街角-on the corner-』
・アルバム『The Gospellers』『Dressed up to the Nines』
・DVD『さかあがり。』『ゴスペラーズ坂ツアー2005 G10』

村上てつや3タイトル
・シングル『Right on,Babe』『星屑の街』(身体の一部分のみ)『一筋の軌跡/風をつかまえて』

北山陽一2タイトル
・アルバム『G10』
・DVD『ゴスペラーズ坂ツアー2003 アカペラ港』(但し黒沢との並び)

黒沢薫2タイトル
・シングル『熱帯夜』(身体の一部分のみ)
・DVD『ゴスペラーズ坂ツアー2003 アカペラ港』(但し北山との並び)

安岡優0タイトル


★なお、8cmCDの再発12cm化CD11タイトルについて、今後調査対象とするかは現在検討中です(←訳:持ってない)。


今回はファンタジスタてつやの活躍により、現在キャップ登場回数トップのスナイパーUZYの登場率は、少し下がったとは言え、全体で.225、メンバー内で.538、さらに、髪や足先しか写り込んでいないようなキャップをカウントしなければ.636という相変わらずのハイ・アベレージをキープしております。この、キャップ登場回数7回という数字が、心底とんでもない数字であることがおわかりいただけるかと存じますです。しかも常に文句なしのクリーン・ヒットで登場し、G10DVDにいたっては前人未到の両面制覇を成し遂げる等、この分野での他の追随を全く完璧ぶっちぎりで許しておりません。

前回のまとめにも書かせていただきましたが、このことは、いかに酒井雄二という男がセンター以外のところでふんばって生きてきたか、己がポジションを全うしてきたかという証しに他なりません。男の生き様です。硬派銀次郎です。UZYカックイー!

そして、そんな酒井雄二さんを、わたくしS子も世界の端っこでふんばって応援してまいりたいと思うのです。これからも。

んー。

というわけで以上でっす!では!
f0097329_15214949.jpg

[PR]
by eszo | 2006-05-24 20:58 | ゴスペラーズ
センチメンタラジオ
はいっ!というわけでですね、全国のゴスマニア諸兄諸姉の皆々様におかれましては本日は誠におめでとうございますです!いやー今日ですね。1年7ヶ月ぶりに今日ですよ!おめでとう!うわぁん、ありがとう!と、その前にー。20日のソルコネ生歌!というか村黒二人うたい『If I Ain't Got You』最高だった~(泣き虫)。ゲストの太田剣さんは覚悟済でしたが、吉弘千鶴子さんは心臓にワルイ(感極)。来るなら来るって言ってください…嬉しすぎるじゃないですか~(T▽T)

てゆうか、何この村黒夫妻の子育てが一段落して最近またふたりの時間が多くなった熟年夫婦みたいな空気感(いやなんとなく)。このふたりの二人うたいって、いつ以来だっけ…まさか2年前の『SILKの雨』まで遡らないすよね(汗)。むう。

や、でもホントいいもの聴かせていただきました!神様ありがとう!僕に友達をくれて…じゃなくて音楽の神様ありがとう。ありがとうございました~っと、ここまで盛り上がっといて実は録音に失敗してるヒトS子…orz

よりによって生歌の途中でテープが終わりました。テープって。すみません、未だに予約録音機能すら付いていないラジカセでラジオ聴いてます…音楽環境を整える上でラジオ・チューナーって、なーんか後回しになっちゃうんですよね~とほざきつづけて幾星霜(買おうよ)。ホントこの分野に関しては、死んだじいさんが浪曲聴いてたラジカセを譲りうけて初めてラジオ文化に触れた頃から1ミリも進歩してません。子供の頃はおこづかいの額もたいしたことないから、音楽なんてのは電波に乗って飛んできたヤツを捕まえるしかないわけで(昆虫並み)、ホント、自分の好きな曲がかかりそうな番組をポーズ押したまま息詰めて一所懸命聴いてたよなあ…(しみじみ…)

というわけで、突然ですがJ・ブラックフットなのです。

そんな一曲一曲が命懸け(笑)だった時代に出会ったソウルシンガーのひとりで、もちろん当時は音楽の知識も情報もナシナシだったので、それがJ・ブラックフットの曲だとは知らずに、たまたまお目当ての曲の次の曲だったからそのまま録音しただけという出会いだったんですが、これがもうめちゃめちゃ抉られまして。

誰の何という曲かものすごく知りたかったんですが、何しろ子供だったので、局に問い合わせるという方法も思いつかず(あー…)。いつかまたかけてくれるかもしれないと思いながら、ひたすらオンエアを待っていたんですな(悲喜劇)。

その後某アイドルグループにハマったりだとかなんだとかしてるうちに、ラジオの前でミラクルを待つこともなくなったんですが、それからまた更に何年か経ち、ゴスを好きになって、ソウルがとても身近なものになったある日、

まあ♪こんなところにミラクルが(爆笑)。

ホントもう大袈裟に言いますけど(笑)、落雷です落雷!自分がこの曲をとても好きだったことや、一所懸命探していたことや、もう、忘れてたことがいっぺんにどわわーっ!と甦ってきまして。あれはホント、恐ろしく爽快な瞬間でしたねー。

で、そんなJ・ブラックフットの新譜が出たわけです。

f0097329_0155375.jpg


J. BLACKFOOT
It Ain't Over Till It's Over



先日アンジェラ・アキのライヴとOA詣でに東京に出向いた際サムズで買い求めたんですが、それからもうずーっとこればっか聴いてます。ソルコネでもチラと紹介されておりましたが、本当良いです!イキでイナセなサザンソウルがお好きな皆様に激しくオススメしたい1枚であります。

迷走した挙句、結局CD紹介に落ち着いたような(笑)。でもまあこうしてラジカセが音楽の全てだった頃を思い出すのも悪くないかーということで…今日はちょっとあの頃みたく全力で『一筋の軌跡/風をつかまえて』を聴いてみたいと思います。

ていうかホントときどきソルコネ録音失敗して、イヤでもあの頃のドキドキが蘇るんすけどね(泣笑)。



つーことで今日はまたすぐ来ますんで!たぶん(笑)。では!



ちなみに、私が知りたくて知りたくて大変だったJ・ブラックフットの曲とは、お察しのとおり
『Taxi』
でした。有名な曲でしたね(笑)。
[PR]
by eszo | 2006-05-24 01:48 | ゴスペラーズ
楽園行
[お知らせ/2006年5月13日]
本日、大阪高島屋6Fインテリアアートギャラリー内にて、ナイアガラソングブックの…というかゴスペラッツジャケイラストの(笑)、永井博さんのサイン会があります~♪(14:00~16:00)お近くの方は是非!


↑ということで、当日慌てて書き込んだものの放置しっぱなしで(汗)。う~ん、失礼いたしました。今後お知らせ関係は、慌てず騒がず(笑)「インフォメーション」に置けることになったので一安心す!とりあえず、これからの東京方面の展覧会情報を載っけときますんで、同方面の方は是非。CG全盛のこのご時世に、紙に絵の具(!)の緻密な永井ワールド体験のチャンス!すみません、ただのファンです(笑)。さらに申しますと、郷土の偉大な先達としても激リスペクト。

そんなわけで、ゴスペラッツのアナログ盤(※完全受注生産・6/2まで予約受付)が発売されるそうですが、これはもう確実に購入するでしょうね。だって、

永井さんの絵をおっきいサイズで見たい。(←そこか!?)

でもホント永井さんの人物画というか似顔絵仕事って、実は結構レアじゃないすか?ではでは~♪
[PR]
by eszo | 2006-05-17 17:19 | ゴスペラーズ
ライヴ、バットゥーン!
さて。
ようやく大型連休が終わりましたよ!イエ~イ。商売柄、人様がお休みの時こそお金儲けのチャンス!なS子としましては、いよいよこれからがお楽しみと言いますか、まあとりあえず母の日イベと社内コンペのことはワスレタ。ワスレタンダーッ!ということで、本日はすなさんから預かりっ放しだった(すみません…)ライヴバトンにちょうせんしてみたいと思います~。ん~人生初バトン!ドキワク!


★今まで参戦したライブの回数は?
5、60本くらいでしょうか。こんなに頻繁にライブに行くようになったのは、ここ数年のことですね。

★参戦時の服装は?
ゴスライヴなら村上てつや基準。たとえそうは見えなくとも(笑)。

★ライブ参戦回数が最も多いバンドは?
たぶんもうゴスペラーズ。

★ライブ参戦時の必需品は?
体力…

★今までつまらなかったライブはありますか?
残念ながら。

★ライブを楽しむ自分なりのコツは?(気をつけている事など)
自分からボールを取りにいく!

★他人の「これはないな」というライブ中の行動
ケータイのムービーでステージを撮ってるおっちゃんがいた!即刻スタッフにお恐れながらと訴えてお縄にしてもらいましたが…ありえない。

★CDとライブの違い/良さをそれぞれ。
◆CD→形のない、そして生まれた瞬間に消えゆく運命にある音楽という芸術を、いつまでもとどめておくことができるもの。

◆ライヴ→まさに、その音楽という芸術が生まれる瞬間に立ち会えるもの。

★いつからライブに行くようになった?
就学前。

★初ライブは何でしたか?
クリスマス讃美歌コンサート。お菓子付き。

★印象に残っているライブ3本
昨年(2005年)で言えば、

◆8月20・21日 L'Arc~en~ciel AWAKE TOUR 2005 / 大阪城ホール

S子的に昨年のベスト。今まで観たラルクのライブの中でもベスト。DVD化されてるので、皆様も機会がございましたら是非。このライヴ、ゴスマニ的にはゴスの振付&演出でもお馴染みの森上英樹さんがステージングで参加されてまして、もしかすると意外な楽しみを見いだせるかもですね(笑)。金色の○○○様って、もしや…(うわぁい)ま、確かに「G10」と見比べていただくのも一興かと存じますです(笑笑)。

◆8月6日 情熱大陸 Special Live / 大阪城西の丸庭園

ゴスペラッツが誕生した伝説のライブ。あの4人が黒塗りで登場したときの「うおおおぉぉっ!」という歓声の重量感はちょっと忘れられません(サヴイボ…)。あと、絶対今日(というか今)初めて『め組のひと』を聴いたに違いないであろうちびっこたちまで、「めっ!」ってやっちゃうあの一体感!なんなんだこれは~っ!みたいな(笑)。まあゴスペラッツだけじゃなく、情熱大陸ライヴ自体が「真夏の野外」という過酷なイメージ(ひ弱なもので…)とはかけ離れた、極上のピクニックライヴで、ホント楽しかったなあ…葉加瀬さん、ゴチ!

◆12月14日 HUMAN SOUL ~REUNION~ featuring JAYE&SILKY / 大阪ブルーノート

10年前の解散以来、ヒューマンソウルのオリジナルメンバーが全員集結して、ヒューマンソウルのオリジナル曲をライヴで披露するというのは、ホントのホントに、この日のファーストステージが初めてだったそうです。まずもうその事実に胸が一杯一杯(笑)。実際ライヴでは、先日のジェイさんのラジオでの村上てつやさんコメントじゃありませんが、「ホントにヒューマンソウルの音だ~(号泣)」みたいな幸せに打ちひしがれました…(じ~ん…)10年間やってなくても顔を合わせば「せーの!」でキマる。本当にいいグループ、仲間というものは、きっとこういうものなんだろうと思います。そして、ゴスマニとして、このライヴをG10イヤーの最後に観れたことに超個人的な感慨を禁じ得ませんと音楽の神様に感謝(笑)。

★グッズは買いますか?
あんまり買わないんですが、一本トラレタ!と思うようなものなら即買いします(苦笑)。

★野外の経験はありますか?
意外にもほぼ毎夏。

★行ったことのあるロックフェス
ロックフェスは、ないかも…

★今、行きたいライブは?
SOUL POWER なにわ SUMMIT 2006!東京サミットには参戦するんですが、ナニワエキスプレスがホストバンドと聞いた瞬間、俄然全公演行きたくなりました(笑)。

★現時点で参戦が決定しているライブはありますか?
◆5月9日 アンジェラ・アキ Piano Live 「ONE」 / SHIBUYA-AX
◆6月20日 HYDE TOUR 2006 FAITH / 高松オリーブホール
◆7月11日 ナチュラリー7 / 大阪ブルーノート
◆7月26・27日 SOUL POWER TOKYO SUMMIT 2006 / 国立代々木競技場第一体育館
◆8月19日 SOUND MARINA 2006 ~Feel the Voice 5~ / 広島港出島野外特設会場

★大体何人で行きますか?
エントリーはほとんどシングルかペア。なのに当日はいつのまにか団体戦に参戦していることが多いです。

★1人でライブに行けますか?
行きまくりです。

★あなたにとってライブとは?
マイライフ。

★バトンを回す6人は?
や、アンカーなもので…(苦笑)すみません~(逃)。


以上でした!いや~楽しかったです!>すなさん♪ありがとうでした~(^人^)
しかしこれ、やってみるとますます他の方のアンサーが知りたくなってくるもんですね。ホントもしよろしければどなたかもらってください。つか酒井さん!もらって酒井さん!ランチパックのクランチチョコ&ホイップ付けるし。(ヤダヨ)
[PR]
by eszo | 2006-05-08 20:48 | ゴスペラーズ
ポン・デ・リンク
f0097329_1522976.gifミンナ~、ポンチャンダヨ~。
ココハ、リンクノオヘヤダヨ~。

リンクダヨ~。


すなろぐ
北のレディーヤングすなさんのブログ。

HEART&SOUL
西のテツマニ伝説maiさんのブログ。

Free Space
ゴスマニ界東の雄(二)藤井君のHP。 ※お休み中

オレンジ窓と青メガネ
ミラクルゴスマニ音大生べっちさんのブログ。

お気にっ記
オシャレ系サカイスト代表キトリさんのブログ。



f0097329_1522976.gifミンナ~、アリガト~。
コレカラモヨロシクネ~。

ポンチャンノコトモ、ヨロシクネ~。
[PR]
by eszo | 2006-05-07 19:59 | リンク
一人の力では成し得ない奇蹟

鷺巣詩郎キタァーーーーーーーッ!!!(瀑涙)

う~ん、なんか毎回いきなりデカフォントで叫んでばかりな気がします…いやしかしホントに、ソルコネの初OA以来「一筋の軌跡」エアチェックしたMDが、もうずうっと、ずうううぅーーーーーっと回ってて、プレーヤーが発火寸前なくらいアツアツです。でも止まりません。すみません。これは本当に好きです。好きすぎて聴いてるうちに笑いながら涙が出てきました(苦笑)。大変です。

とりあえず何がそんなに大変なのかと言えば、やっぱ鷺巣さんかなあと思うわけでして、ホント最初「一筋」の編曲に鷺巣さんの名前がクレジットされてるのをみたとき、あまりの嬉しさに頭の中でエヴァの次回予告がフルサイズで鳴り響きました(苦笑)。すみません、きっかけは限りなくヲタク的動機です(笑)。で、実際OAを聴いたら、これがもうやたら鷺巣節全開で(号泣)…まさに大好きなゴスと大好きな鷺巣さんが、

ひとつになってるのさ!(爆笑)

しかもダンクラ…かはっ!(臨死)ん~発売日まで死にたくない。せめて「一筋」最後まで聴きたいです。ソルコネでは最後よく聴きとれなかったし…まあでもS子が鷺巣さんなら最後はやっぱ拍手とか入れたいですがね(笑)。うわ~入っててほしい。

それにしても、ajapai、ゴスペラッツ、ひゅーぺらーずと次々と嬉しいコラボがありましたが、ここにきて、とんだセカンド・インパクトでした(笑)。
鷺巣さん、「一筋」を死ぬほどカッコイイ曲に仕上げてくれて本当にありがとうございました(-人-)サカイスト冥利に尽きます(じ~ん…)。う~ん、シアワセ…
[PR]
by eszo | 2006-05-03 00:55 | ゴスペラーズ