トップ

五侍周辺雑記。シェキヤバディエンソー。
by eszo
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
L'oiseau bleu
2008年

1月29日(火)

「ゴスペラーズコンサート2008 in Naeba」



 4日目



セットリスト


1. A HAPPY NEW YEAR
2. Beginning
3. 輪舞
4. 言葉にすれば
5. CENTURY
6. スローバラード
7. t.4.2
8. 渇き
9. うつぼかずら
10. Unlimited
11. THAT'S WHAT I WANT
12. Real tight
13. The Ruler
14. 狂詩曲
15. DAWN~夜明け~
16. Forever & More
17. 青い鳥

(アンコール)

1. Stand By Me
2. It Still Mattgrs ~愛は眠らない~
3. 愛の歌
4. Simple Words
5. 千の風になって(途中)



・開幕。酒井雄二さんヒゲなし。サカイスト殺しの2曲。徳島苗場間の交通費を支払って余りある。

・ステージ奥に「L'oiseau bleu」のデカ文字。ロワゾブルー。フランス語で「青い鳥」。本の表紙の見立て。ライブの進行に合わせてページが開く仕掛け。手動。

・本日のMCテーマ「朝青龍」「台本」。

・酒井雄二さん捻って王理恵ネタ。捻りすぎて微妙に外す。

・村上てつやさん「反応」を「はんにょう」と、噛む。自主的に退場。北山陽一さん倒れ伏す。

・村上てつやさん再登場。俺は噛むと固まるが、安岡は噛むと後ろにビクッと下がるよな、と分析を開始。「自分の発したものに驚いて下がるんです(安岡優さん談)」。

・物語調のナレーションで進行。メーテルリンクの「青い鳥」コンセプト。ちなみに現在ラルクアンシエルはルイス・キャロル「不思議の国のアリス」コンセプトでツアー中。

・「CENTURY」の前衛的なダンス。

・「スローバラード」にて、村上てつやさん「君の知らないメロディ/聴いたことのないヒット曲」のアドリブ。RCサクセション「トランジスタ・ラジオ」の一節。

・「Umlimited」。村上てつやさんと黒沢薫さんの、お互い指差し確認しながらの掛け合い。それでも間違う村上てつやさん。

・黒沢薫さんイナバウアーを披露。当然できていないのだが、愛くるしい。

・サカイストハッスルタイム2曲。苗場プリンス朝夕食付き宿泊費を以下略。

・アンコール。村上てつやさんグラサンオフで登場。「Stand By Me」を客に歌わせご満悦。

・北山D登場。

・バリK~んセミファイナル&ファイナル用に衣装を新調。黒地に青で胸元に「酒黒村北安」と書かれた変T。

・告知。赤坂BLITZオープニングシリーズについて。村上てつやさんの「ま、来れる人は来てください」発言に会場大ブーイング。北山陽一さん「苦情は俺が受け止める!」と火に油を注ぐ。とても男らしい。

・シメのお言葉は酒井雄二さん。事前にジャケットの内側、左ワキにマイクをはさんで隠し持ち、マイクオフと見せかけて実は!という愉快な演出を試みる。ただ、ワキにはさんだマイクに口を近づけるためにグッと顎を引くと、図らずも声楽家系の発声になってしまったので、ついそのまま「千の風になって」を歌いだす。慌てるメンバー。酒井雄二さんステージ上から引き摺られるように強制退場。その間も歌いつづけている。混乱に乗じて北山陽一さん客席に投げキッス。しかしその投げキッスは酒井雄二さんを懸命に引っぱる黒沢薫さんの側頭部に命中。キタマニの皆さんの嘆きはゲレンデまで轟いた。混乱のうちに終幕。
[PR]
# by eszo | 2008-02-01 04:14 | ゴスペラーズ
おっぱっぴー35
本日酒井雄二さん35回目の誕生日、皆様いかがお過ごしでしょうか。私は病院でレントゲン撮ったりしてましたよS子です。酒井雄二さん、つくづくお誕生日おめでとうございます。

35歳ですかー。35歳。うーん、さんじゅうご!三々五々!直木三十五!盟三五大切!えーと。あとなんかないか。あ、四捨五入したら40ですから!ネ!もっと大きく四捨五入すれば0歳ですけど!ヤッター!(無意味)でもそんなの関係ねえ。すみません。

今年もとくに誕生日だからといって何の企画もないんですが(ヒドス)、じゃあ、先日OAで募集してた『酒井雄二にソロで歌ってほしい曲』に、こんなところから提案する企画にします(ヒドス)。

じつはわたくし、この件につきましては昔から一貫しておりまして、酒井雄二さんには是非、

バート・バカラックを歌っていただきたいと熱望しておりますのです。

あまりにも直球!(ドッギャーン)

しかし剛速球!(キュピーン)

美声が美メロを歌う、それが俺のジャスティス!(ビシイィッ!)
大好きなの。いけませんかい?

というわけなので、酒井雄二さんはよろしくお願いします。もし1曲だけというのであれば、とりわけ『Arthur's Theme』がいいです。本気でよろしく。

とりあえず誕生日が終わる前にアップしたかったのはここらへん。そんなわけで、ひとまず失礼いたしますです。

ちなみに『Arthur's Theme』の邦題は『ニューヨーク・シティー・セレナーデ』。

古今のあらゆる邦題の中で、最も粋なタイトルのひとつだと思います。ではー。
[PR]
# by eszo | 2007-10-05 23:07 | ゴスペラーズ
セプテンバーでした
早いもので今年もあと3ヶ月となりました。

来年もよろしく。時代が先走りました。S子です。ご無沙汰しております。

ラルクの股火ツアーに旅立ってからエントリーがないので、もしやラルク者にひょーへんしたのでわ!という疑惑も絶賛浮上中と思われますが、ご安心ください。元々ラルク者です(ひょー)。
次回年末年始のアリーナツアーもチケ確保済みです。そして、ほぼインターバルなしでゴスペラーズin苗場スウィート10に突入予定です。で、そのままユーミンまでナシクズシ的に持ってければ、自分どんだけ英樹ファンやねんといったところですが、そんなお金はどこにもないので一安心です。もちろん「英樹」とは、ゴスペラーズの振付師、踊る宗方仁こと、森上英樹さんのことでしてよヒロミ。つかこの際ヒロミは黒沢薫さんでも小池竹見さんでも構わないんですが、緑川蘭子さんが酒井雄二さんなのはちょっと譲れないです。ごめんなさい。(※緑川蘭子さん)

なんの話でしたっけ。

えーと。そうでした。前回のエントリーで、右肩がなんかブラーンとして痛いので、とりあえずラルクライブでは大人しくすること、という金魚すくいの紙よりも破れ放題な誓いを立てたわけですが、案の定大暴れな上、MCでkenちゃんが「みんなの趣味って何なん?」と、収拾のつかない質問を繰り出し、

ケ:「じゃーパチンコのひとー」
客:「ハーイ!」(←大勢)
ケ:「ふーん。今何がつくん?(←なぜリサーチ)ほいじゃー競馬のひと!」
客:「ハーイ!」(←結構大勢)
ケ:「馬インフルエンザ大変やねー。(←なぜ心配)んじゃー競輪のひと!」
S子&他約1名(たぶん):「ハーイ!!」(←絶叫)
ケ:「おるんや!?」


と、S子的に、kenちゃんに(オチで)拾ってもらえるという願ってもない展開に突入!しかも、その後「そー言えば最近強いひと引退したよねー。誰やったっけ?」という素晴らしいパスが飛んできたにも関らず、なんとわたくしこのパスを!

華麗にスルー orz

と言いますか、挙手&ハーイ!の瞬間、興奮のあまりついうっかり思っくそ右手を挙げてしまい、肩に、なんかグシャッとゆう、いまだかつてない激痛が走りまして。

肩を押さえ無言で悶絶してるうちに、「まーどうでもええんやけどー♪」と、kenちゃんを乗せた列車は遠ざかっていってしまったのでした。
さようならkenちゃん。本当はね、S子、あのときkenちゃんに「吉岡稔真65期福岡脚質先行」って伝えたかった。さようなら。

ホンマどうでもええんですが(・ω・)

そんなわけで、予想どおりきっちり悪化させて、帰還後、病院に直行したのでございます。ちなみに診断結果は頚椎ヘルニアでした。いやーこんな痛いんですね。ビックリです。

以後慎重に生きております。仕事は基本肉体労働なので、慎重にやってると仕事にならないんですが、多少時間がかかっても痛いよりはマシなので、そんな感じです。

思うように体を動かせないと、いろいろ考えることもあって、漠然と不安になったりもするわけですが、とりあえず、こうした現況がゴス方面へのモチベーションに影響を及ぼしたかと言えばそうでもなく、むしろこの期間、ゴスペラーズへの何らかの衝動が盛り上がってしまったというか、そんな感じ(ニヤリン)。

それが良いか悪いかはさて置き、まあ、そんな感じの2007年のセプテンバーでした。わりと元気です。

さて、なんかまたリリースが続くっぽいですね。

全PVにセルゲイ映像特典のDVDって、一瞬何の死亡フラグかと思いましたが、なんか絶対『狂詩曲』入ってる気がする。

『CLIPS 1995-1998』から『Be as One』初回盤まで全部持ってんすけどね。買うでしょうね。たぶん。セルゲイ映像見たさに。

うーん、なんとアコギな!

いっそセルゲイ全編DVD化ならいいのにー。えーん。アコギー。アコギー。アコギってアコースティックギターの略ですからー。ちょっと言ってみたかっただけですからー。

でも『WORKS』は、実際コンピあんまり買ったことないのでアコギは弾けませんよ(ありゃー)とコッソリ告白しといてこの辺で。ではー。
[PR]
# by eszo | 2007-10-03 11:18 | ゴスペラーズ
盆帰る
オレたちゃクロダコ~クロダコブラザーズ~ボボボンボンボン。

お盆が終わって抜け殻っぽい徳島あたりからこんにちはタコ美です。うへえ誰もわからない。S子です。わかった方はお手紙ちょ~だ~い。

そんなわけで、盆期間中、踊る阿呆を見にきた阿呆におみやげものっぽいものを売りまくってウハウハの私は、ある意味阿呆の勝ち組ですが、実はハードワークが祟り、でっかい口内炎ができて顔面が愉快な感じに腫れ、右肩が激痛のあまり、なんというか、ちょっとブラーンとしてます。
結構命と引き換えの勝利です。つか、むしろ負けですか。まあなんでもええわ。阿波踊り終わった!終わったんじゃ!また来年!むきゃーっ!(奇声)


さて、皆様ご覧になりましたでしょうかNHK BShi 「スーパーライブ」ゴスペラーズ編。


セルゲイ千秋楽参加者といたしましては、村上てつやさんが「放送されるかどうか当日になってみないとわかりません」とおっしゃってましたので、放送されたこと自体が感慨に耐えません。


放送してくれてありがとう!NHK!さすが皆様のNHK!ありがとう!うおーん。


実際ムリな編集を施されてショボンな感じでもなかったですし、わたくし的には大変満足しております。

あー、『The Ruler』へのインタールードがカットされてたのは残念でした。

あれ、いつぞやのOAで、ドラマティックスの『WHATCHA SEE IS WHATCHA GET』 が元ネタだと伺いましたが、自分、都合9回も聴いておきながら、まったく気づかなかったので、もっかい聴きたかったんすよね。いやしかし。

あれが『WHATCHA SEE IS WHATCHA GET』なら、G10のインタールードの元ネタは、同じくドラマティックスの『IN THE RAIN』だと言い張ってもオッケーそうですね。いや知らんけどな。

ちなみに、『星屑の街』直後の「イエイ!」は某JKさん(笑)。

あの日JKさんは結構我々から見える位置のお席で、やたら目立っていらっしゃいました~。
それにしても、城ホのアリーナからマイクオフで収録されるこの確かな発声。う~ん、カッコイ~。


まあ細かいところは、福岡から帰ってきてから、また追々に楽しみたいと思います。


つか死にそうなまま、明日からラルクアンシエル股火ツアー福岡2dayに行ってきます ∑( ̄□ ̄;)ナンヤソレ


今度こそ死ぬといけないので、安静にしていようと思うんですが、まあ、ムリでしょうな…(諦)

それでは恥ずかしながら、行ってまいります。

生きて帰ってこれましたらば、今度こそコメントへのお返事をさせていただきたいと存じますのです(超爆汗)orz
今更にもほどがある今更っぷりですが、それはもう、本当に絶対。


ホンマすみません! orz
ホンマすみません! orz orz


これからは、ちゃんとします…(超汗塗)


ところで、股火のステージデザインとセルゲイのそれが、なんだかとってもよく似てるような気がするのは私だけですか?

教えてラルクのエライひと!と思ったら今回も舞台美術は森上英樹さん!
いやん!英樹!なんか素敵。ではー。
[PR]
# by eszo | 2007-08-17 23:56 | ゴスペラーズ
SPTS2007ネタバレ記事へのご案内
入り口はコチラ。

 ↓ ↓ ↓

ビッグTHE武道キャンプディスコ(8/8)


※該当記事は「SOUL POWER TOKYO SUMMIT 2007」のネタバレを含みます。ネタバレ回避中の皆様はご注意ください。
※11日の「SOUL POWER なにわ SUMMIT 2007」終了次第、このガード記事は撤去され、通常通り記事をご覧いただけるようになります。

※と思いましたが、記事があまりに長いため、他の記事と別表示にしたほうがよかろうなのではと今更ながらハタと気づきましたので、このままにしときます。すみません。(8/17改)

以上よろしくお願いいたします。


 えす蔵拝
[PR]
# by eszo | 2007-08-09 01:08 | ゴスペラーズ